会則

千葉県立市原特別支援学校「おやじの会」会則

第 1 章
(名 称)
第 1 条 本会は、千葉県立市原特別支援学校「おやじの会」という。
(組 織)
第 2 条 本会は、次の会員にて組織し、会員と学校会員は会費(年額2,000円)を納入する。

(1)
正会員:千葉県立市原特別支援学校(以下「学校」という)在校生及び卒業生の保護者
(2)
学校会員:本会の活動に賛同する教職員
(3)
賛助会員:本会の活動に賛同するもの
第 2 章
(目 的)
第 3 条 本会は、学校の障害児教育の振興・発展と学校生徒の生涯支援に寄与するとともに、会員相互の研修と親睦を図る。
(連 携)
第 4 条 本会は、目的達成のため、関係機関及び他の諸団体との協力を積極的に展開する。
(事 業)
第 5 条 本会は、次の事業を行う。

(1)
障害児教育に関する国・県・市の施策の調査・研究
(2)
障害児教育に関する研修・資料の収集及び情報交換
(3)
学校生徒の就労支援及び地域交流活動にかかわる事業
(4)
必要と認める事項についての建議、または意見の交換
(5)
会員相互の親睦
(6)
その他、本会の目的達成に必要な事業
(専門部会)
第 6 条 本会は、事業の円滑な運営のために、以下の専門部会を置く。

(1)
就労支援部会
卒業後の就労支援に向けた各種活動の企画立案・運営にあたる。

  • 自立支援活動
  • 余暇支援活動
  • 研修行事
  • スポーツ活動
(2)
対外交流部会
学校や地域への活動の企画立案・運営と、会員相互の情報交換を行い、本会の活動を活性化する。

  • 近隣校や施設、地域へのイベント参加や作業活動
  • 学校やPTA活動への支援
  • 広報活動
  • 会員募集活動
(役 員)
第 7 条 本会に、以下の役員を置く。

会 長 1 名    本会を代表し、会務を統括する。
理 事 2 名    会長を補佐して会務を執行する。
執行会員 若干名    専門部会、会計を担当する。
顧 問 1 名
事務局 若干名    庶務を担当する。
名誉顧問 若干名
会計監査員 1 名
(役員の選出)
第 8 条 役員の選出は、以下のとおりとする。

(1)
会長、理事は、役員会で推薦し、総会で承認とし、任期は継続とする。
(2)
執行会員は、理事が推薦し、総会で承認とし、任期は1年とする。
(3)
顧問は、必要に応じて会長が委嘱とし、任期は1年とする。
(4)
事務局は、学校の校長の推薦を参考に会長が委嘱とし、任期は1年とする。
(5)
会計監査員は、会員以外の学校職員に会長が委嘱とし、任期は1年とする。
(6)
役員の再任は妨げないものとする。但し、補欠の役員の任期は、新任者の在任期間とする。
(会 議)
第 9 条 本会に、総会と役員会をおく。

(1)
総会は本会最高の議決機関であって、定例総会と臨時総会とし、会長が招集する。
(2)
定例総会は年度初めに1回開催し、臨時総会は会長が必要と認めたとき、役員会が必要と認めたとき、または会員の3分の1以上の要請があったとき、開催しなければならない。
(3)
総会は委任状を含め、会員の2分の1以上の出席をもって成立し、議事は会員の過半数をもって決定する。
(4)
事業報告および決算の承認、事業計画及び予算の審議、役員の承認、会則の改定、その他本会の事業に関する重要事項は、総会に諮らなければならないものとする。
(5)
役員会は、定例的に開催し、会務の執行及び緊急事項を協議する。
(経 費)
第 10 条 本会の経費は、会員の納入する会費及び各部会の活動収入をもってこれに充てる。
(会計年度)
第 11 条 本会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
制定 2004年6月
改定 2006年4月 一部会則の改定
改定 2007年4月 学校名称変更
(千葉県立市原養護学校→千葉県立市原特別支援学校へ)
改定 2010年5月 第2条の略称「本校」を「学校」に変更し、呼称箇所全てを改定
第9条(2)の定例総会の開催を4月から年度初めに改定
改定 2013年5月 「就業」を「就労」に、「事務局長」を「事務局」に変更し、呼称箇所全てを改定
「事務局」の役員定員を1名から若干名に改定、分掌より「会計」を削除
第10条の活動収入を「地域交流部会」から「各部会」に改定
改定 2015年5月 第2条の会員区分の制定と「正会員」要件の「父親(祖父・叔父・伯父を含む)」を「保護者」に変更
第6条「地域交流部会」と「広報部会」を「対外交流部会」に統合し、担当を再編
役員構成と任期の改変に伴い、第7条の役員名称と定数、担当役割、第8条の役員の選出方法と任期を追加変更
第9条(4)の重要事項と総会付議を明確化

▲このページの先頭へ