活動報告

第3回農業体験『ピーマンと枝豆の植え付け』

 

◇ 開催日時:6月24日(日) 7:00~10:15 ◇

 

悪天候が続いて延び延びになっていたピーマンの苗と枝豆の種を植え付けました。

 

植え付け作業が完了した畑の全景です。

 
明け方に軽く雨が降りましたが、活動中は久しぶりに晴れ間がのぞき、ちょうど良い気候の中で作業ができました。
耕うん機を入れることも考えましたが、そこは「道具から入る」おやじ。
刃先が分かれている三本鍬を用意したところ、短時間で深くまで耕すことができ、前回は1時間かけて1本だけでしたが、1時間半ほどで2本半の畝(うね)を作ることができました。
 

生徒も一緒に鍬で耕します。 「僕も上手でしょ!」

固まっている土を鍬でほぐします。 「重いよ~っ」

高等部の生徒は作業学習の成果を発揮し、見事な鍬さばきです。


ピーマンの苗は15株植え付けました。
畝に手で穴を開け、苗床ごと苗を植え付けて、添え木を刺して紐で縛ばります。
 

お母さんに教えてもらい植えています。 「土がこぼれるよ...」

先輩に指導(?)してもらい、一緒に植えています。

きれいに植え付けができました。


枝豆は種から育ててみようということで、普通の枝豆と新潟県産の茶豆の2種類を植え付けました。
用意した種が多かったため、急遽隣にもう一本畝を作りました。
 

鍬の柄を使って、種を植える目印を付けます。 「凄い!等間隔だぁ」

3~4粒ずつ種を蒔いていきます。 「1、2、3、これでカンペキ!」

こちらはまとめて蒔いています。 「ここだよ!」


前回植え付けたトマトとナスも元気に育っています。
台風の影響か、添え木が何本か倒れてかかっていましたが、苗はしっかりと立っていました。
 

トマトの苗は黄色い花が咲き始めました。

ナスの苗は紫色の花が咲き始めています。

昨年の里芋が自生していたので、移植しました。


★☆★☆★ 参加の皆さん、お疲れさまでした。 ★☆★☆★

 

3学部が揃っての記念撮影です。

今回は会員3名、生徒3名、お母さんと兄弟2名の合計8名が参加しました。
次回の予定は苗の育ち具合を見て、間引き、添え木の調整、追肥、雑草取りなどを行います。
開催日が決まりましたらお知らせいたしますので、皆さんのご参加ください。

▲このページの先頭へ