活動報告

『風の丘祭』と『ジャンボリー』

 

昨年より参加した市原特別支援学校つるまい風の丘分校「風の丘祭」と、3年前より毎年参加の国分寺台東小「ジャンボリー」。
今年は同日の開催となり、おやじの会としては初めて2つに分かれての活動となりました。
「風の丘祭」にはおやじ5名が、「ジャンボリー」にはおやじ2名と児童1名、お母さん2名、兄弟1名の合計6名が参加しました。
 

◇ つるまい風の丘分校『第3回風の丘祭』 ◇
開催日:11月10日(土) 8:30~13:10

 
開校3年目となる今年は始めて3学年が揃い、在校生も増えて昨年も早々と完売したため、販売数を増加して参加しました。
開店直後は生徒たちが丹精こめて育てた野菜の販売に来場者が集中しましたが、時間が経つと段々と食べ物のお店へと来場者が流れて来ました。
 

開店準備中のおやじのお店です。

昨年早々と完売したホットドックは数を増やして用意しました。

交代で取る休憩時間には、多くの生徒たちが来店しました。


今年は生徒たちの食べ物のお店が増え、おやじの会も苦戦を強いられるかと冷や冷やしましたが、交代で取る休憩時間には多くの生徒たちが来店し、熱々のホットドックやフランクフルトを美味しそうに食べていました。
一方でおやじの人数が少なかったため、生徒たちのお店を回ることができずとても残念でした。
「にく味噌うどん」食べたった...
 

☆★☆ご来店ありがとうございました!☆★☆

 
 

◇ 国分寺台東小『ジャンボリー』 ◇
開催日:11月10日(土) 9:30~13:30

 
今年もお誘いいただき4年目の参加となりました。
近隣校としての交流と、本校への関心や理解を地域の方々に広めるため、生徒たちが作業実習で作成した作品を学校よりお預かりして、販売しています。
10月のいちょうまつりでの売り上げが好調だったため、販売できるものがなくなりパネル展示のみかと心配しましたが、焼き物班と木工班の作品を販売することができました。
 

会場内のお店の様子です。 「早くお客さん来ないかなぁ...」

こちらは初めて出店する木工班の作品です。

昨年販売できなかった焼き物班の作品です。


毎年好評だった縫工班の作品が販売できず、来場者の方々から残念とのお声をいただきました。
また、焼き物では小鉢や深めのお皿が欲しいとの意見もいただきました。
これらの意見は学校にお伝えし、作業実習の参考にしていただければと思います。
今年もたくさんお買い上げいただき、ありがとうございました。
売上金はすべて学校へお納めし、今後の作業実習に役立てられます。
 

☆★☆ご購入ありがとうございました!☆★☆

 

▲このページの先頭へ