活動報告

平成25年第4回農業体験

 

◇ 開催日時:4月28日(日) 10:00~11:00 ◇

 

今回の農業体験は当初5月に予定していましたが、定例行事や学校行事が続くために予定を繰り上げ、連日の開催となりました。
会員3名、生徒2名、保護者1名の3家族6名が参加しました。
 
まずは前日の作業で作った土で畝を作ります。
今回はピーマン用に1畝、ナスとミニトマトように1畝を用意しました。
畝ができたら野菜の苗のポットを並べて、植え付けの間隔を調整します。
 

さすがに上手い! 高等部の生徒は作業学習の成果がバッチリです。

「いい感じだ!」と言わんばかりの満足げな表情です。

畝に前のポットを置いて、植え付けの間隔を調整しています。


今回購入した苗は、すべて連作影響の少ない接木苗を用意しました。
畝に小さな穴を掘り、水を流し込んでからポットから苗を取り出して、土ごと植えていきます。
それぞれの野菜を植える場所は、一応連作の影響を意識して、昨年の場所とローテーションしています。
 

畝に苗を植える穴を開けています。

穴に水を流し入れて、十分に湿らせます。

ポットからピーマンの苗を取り出して、素早く植え付けます。


こちらではミニトマトの苗を植え付けています。

ナスを植え付ける苗に、コンビニ袋を利用して水を流し入れています。

「先に水を入れるんだよ!」と、ご指導されているオヤジです。


子供たちも一生懸命に作業し、ナス8株、ミニトマト6株、ピーマン14株を植え付けました。
これら植え付けの株数は、昨年の収穫実績を参考に調整してみました。
順調に生育すれば、7月頃から収穫ができそうです。
 

ナスは8株植え付けました。

ピーマンは畝一列に14株を植え付けました。

ミニトマトは昨年の収穫を参考に6株に抑えました。


▲△▲△▲ 植え付けはすべて終了しました。 ▲△▲△▲
 

「ねぇ、フーして!」 「飛ばないよ、まだこれっ...」

今年度予定した野菜の植え付け作業は、すべて終了いたしました。
毎年の活動成果も現れ、また今年は天候にも恵まれ、今までの作業も順調に、かつ怪我ひとつなく進められました。
 
次回は畑の除草、野菜の添え木、土寄せなどを予定しています。
畑にはまだ若干のスペースがありますので、植えたいものがあれば後で持ち寄って植えようかと思っています。

▲このページの先頭へ