活動報告

平成25年第6回農業体験

 

◇ 開催日時:6月22日(土) 11:30~12:50 ◇

 

今回の活動はミニトマトの養生のため、支柱を立てることが目的でした。
しかし、ジャガイモの茎が枯れているものがあるとの情報が入り、急遽一部のジャガイモの収穫作業も行いました。
りさいくる活動の疲れ(大人だけ?)も残る中、会員3名、生徒3の3家族6名が参加しました。
 

まずはミニトマトの養生です。
前回枝を剪定したり、添え木に麻紐で固定をしましたが、既に添え木を越えて地べたに伸びてしまっています。
そこで、家庭菜園用の支柱を購入し、「合掌式」で組み上げて養生しました。
一方、ジャガイモの方は本当に収穫できるのか、試しに一本掘ってみました。
何しろ初めての栽培ですので、本当にできているのか全く検討もつきませんでしたので。
 

支柱にミニトマトの枝を固定しています。

地面に蔓延っていた枝がきれいになり、日差しがあたるようになりました。

ジャガイモの試し掘りをしています。


次はいよいよジャガイモの収穫です。
試し掘りで一本抜いてみると、土の中からゴロゴロとジャガイモが顔を出すではありませんか。

そこで、茎が枯れた分のジャガイモを収穫することにし、子供たちと一緒に作業をしました。
子供たちは茎を引っこ抜いてゴロゴロ出てくるジャガイモ堀りを面白がり、大人たちは土の中を探してまだ顔を出していないジャガイモを見つけては喜んで、意外と楽しいひと時を過ごしました。
 

茎を持って引き抜くと、こんなにたくさんのジャガイモが。

高等部のY君はたくさんのジャガイモを掘っていました。

高等部のJ君はジャガイモの土を払ってきれいにしています。


こんなに大きなジャガイモが!

ジャガイモが残っていないか探しています。

こちらは紅あかりを掘っています。 「ちょっと小さいなぁ。」


ナスとピーマンも実をつけていましたので、こちらも収穫しました。
最後に掘ったジャガイモを集めましたが、これが意外に重い!
取れたジャガイモは翌週開催するデーキャンプ用に取り分けて、残りは参加者で分け合いました。
 

ナスとピーマンも収穫できました。

「Kくん大きいのあるよ!」 「ヤッター、これも大きいゾ!」

たくさん掘れたジャガイモの前で「ハイ、ポーズ!」


▲△▲△▲ 参加の皆さん、お疲れさまでした。 ▲△▲△▲
 

残りのジャガイモは、デーキャンプ終了後に収穫体験をする予定です。
ナス、ピーマン、ミニトマトはもう少し先の収穫になると思いますので、改めてご案内いたします。

▲このページの先頭へ