活動報告

第6回農業体験『秋作ジャガイモの植え付け』

 

◇ 開催日時:9月6日(土) 13:00~14:25 ◇

 

おやじの会『農業体験』6年目の今年は、何と二毛作に挑戦!
6月のデーキャンプで行った収穫体験が好評だったため、秋作ジャガイモを育てることにしました。
天候が安定しないため、午前中の定例会に引き続いての作業です。
 
前日に大型耕うん機で周囲の畑と一緒に耕うんしていただいたおかげで、当日は畑がふかふかの状態で作業ができ、とても効率よく子供たちと一緒に作業することができました。
今回は時間の関係から、種芋の下準備は朝のうちに自宅で行いました。
 

耕うん機を入れていただいた畑。 ふかふかです。

苦土石灰と肥料を蒔く溝を掘っています。

「ねぇ、ちゃんとやってよね」、「Jも手伝いなよ!」


今回は出島という二毛作に適したジャガイモを選び、春作と同じ6kg用意しました。
まずは溝を掘って苦土石灰との配合肥料を蒔き、土をかけて平らに均します。
次に鍬の柄で均等に目印を付けて、そこに切り口を下にして種芋を置いていきます。
 

種芋を植える目印を付けています。

目印に合わせて種芋を置いていきます。

きれいに種芋が置かれています。


種芋が置き終ったらその脇の土を掘りながら種芋の上に被せ、畝を盛り上げていきます。
最後に天辺を少し平らに均して畝が完成です。
今回の植え付けは7畝となりました。
 

種芋の両側から土を盛り上げて、畝を作っていきます。

隣のキャンプ場の草刈りもお手伝い。

楽しそうに手作りシーソーで遊ぶ子供たち。


★☆★ 次回の活動は芽かきと土寄せです。 ★☆★
 

「ハイ、ポーズ!」って、みんなこっち向いて~っ。

今回の活動には会員4名、生徒3名、卒業生1名、家族3名の計11名が参加しました。
また、事前に耕うん機を入れていただきましたNPO法人『市津・ちはら台自然楽校』の関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。
次回の活動は、発芽した芽を間引く芽かきと、畝をかさ上げする土寄せです。

▲このページの先頭へ